VISTAの投資信託は? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

ブラジルの投資信託について

BRICsの中でも今ひとつ存在感が薄いのがブラジルですが、着実に成長を遂げています。

ブラジル関連の投資信託で有名なのがHSBC投信鰍フ「HSBCブラジルオープン」と「HSBC新BRICsファンド」でしょうか。

前者はブラジル株専門の投資信託で、食品やサービス業、金融業(銀行)など、ポートフォリオにはブラジル国内の内需に関連した銘柄が多く組み入れられているのが特長です。

現在、同投資信託は順調に純資産、基準価格を伸ばしており、リターンは設定から50%超となっています。

後者の投資信託は資源エネルギー銘柄を中心としたポートフォリオで、ブラジルへの投資比率は約30%です。

組み入れ銘柄を見ると、一位と二位はブラジルの企業です。

世界的な資源価格の高騰の恩恵を狙った投資戦略なようで、素材・エネルギー関連銘柄がポートフォリオの約40%を占めています。

こちらの投資信託の設定来リターンは79%と驚異的な数字になっています。

ビスタで投資信託はいかが?

ビスタ(VISTA)とは、BRICsに続くグループとして、ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)
の5カ国の頭文字を合わせた造語です。

新興国の中でも、豊富な資源と将来の高成長が期待されています。

成長が見込める地域をグローバルにカバーしたいが、海外投資はよく解らない、という方はビスタ関連の投資信託を検討してみても良いかもしれません。

投資信託の比較サイトで調べてみると、ビスタ関連の投資信託のパフォーマンスは概ね50%と今のところ好調です。

またビスタはこれからの国ですので、期待は膨らむところです。

ただ、カントリーリスク、為替リスクは必ずあります。

ビスタ関連の投資信託だけでなく、新興国の投資信託を購入された場合は、その後の基準価格の動きや世界経済の動向など、アフターケアを忘れずに行いましょう。

vistaの投資信託について

現在販売されている投資信託の中で、vistaに特化したものがあります。

vistaとはベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの頭文字をそれぞれ取った造語です。

BRICs経済研究所が提唱し、BRICsの次に経済発展が見込める国ということで注目されています。

また眺め、遠望を表す英単語vistaにもかけています。

ただ、個人投資家がこういったvistaの国々に直接投資をするのはなかなか難しく、このような場合、利用するのが投資信託、ということになります。

実際どのような投資信託があるのかというと、上記5ヶ国に分散投資しているものから、1ヶ国だけ、といったものまで様々あります。

どのvista投資信託も、高い経済成長率、豊富な天然資源、労働力の増加といった点を期待しているといえます。

しかしvistaに限らず新興国投資はハイリスクでもあります。

投資信託を検討する際はこういった点も考慮すべき点だと思われます。

VISTA投資信託について

投資信託の中にVISTAというファンドがあります。
これはベトナム(V)・インドネシア(I)・南アフリカ(S)・トルコ(T)・アルゼンチン(A)の5カ国の頭文字を取ったものです。

経済研究所では通貨危機のようなショックが起こらない限りVISTA5カ国の経済規模は50年後には28倍になると見込まれています。
そのため、VISTA投資信託への期待も高まるというわけです。

この5カ国は必要な資源の多くを自国でまかなえている国です。

インドネシアの天然ガス・南アの金鉱・ベトナムの原油・アルゼンチンの鉄が代表的です。
労働力も増加傾向にあり、個人消費の伸びも日本と比べ平均3倍以上になっています。
これらの要素から投資信託の中で、VISTA投資信託は長期的な経済発展を見てもVISTA投資信託は、かなり有望なファンドと言えるでしょう。

リスクとしてはVISTA投資信託はハイリスク・ハイリターンということも特徴です。
儲ける確率は高いですが、その分損する確率も高いです。

また、VISTA投資信託の基準価額は円で評価するため、円高が進めば為替差益が生じることも頭に入れておきましょう。