ベトナムの投資信託はどうか? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

ベトナム株の投資信託はいかが?

中国、インドはもう遅い、ということでベトナム株に興味を持つ方も増えています。

ベトナムは10年前のインドと同じような状況です。

ベトナム株は現地に行けば直接株式を購入できます。

ただ、投資のために気軽に現地まで行ける人はあまりいないのではないでしょうか。

そういった場合、ベトナム株の投資信託を購入する、という手もあります。

ベトナムは社会主義国ですが、2000年にホーチミン証券取引所が開設され、取引が行われています。

ベトナム株の投資信託の最大の魅力は将来性です。

2002年〜2005年のGDPの伸びが8%にのぼりアジアの中でも中国に次ぐ第2位というところも注目すべき点です。

最近、証券会社からベトナム株の投資信託が販売されると、1日で募集金額に達するものもあり、かなり人気も出てきていますので、ベトナム株の投資信託を購入するのは今がチャンスなのかもしれません。

しかし、情報も入りにくいのが現状なので、投資信託といえどもリスクもあることを覚えておく必要があります。

ベトナム投資信託はどう?

今流行の中国株・インド株、と来たら次は地理的に直接リンクするベトナム株。

ベトナム株を直接購入することは難しいかもしれませんが、ベトナム投資信託でならベトナムに投資できるのです。

ベトナムは元より社会主義国ですが、2000年にホーチミン証券取引所が開設され、国内証券の取引が行われています。

ベトナム投資信託への魅力はその値段の安さと将来性です。

2002年〜2005年のGDPの伸びが8%にのぼりアジアの中でも中国に次ぐ第2位というところも注目すべき点です。

現在のベトナムの情勢は中国の10年前と同じであると言われています。
すなわち、東南アジアが発展するならばベトナム経済も発展するはず。

ベトナム投資信託を購入するには今がチャンスなのかもしれません。
しかし、ベトナム投資信託の運営会社の情報もまだ入りにくいのが現状なので、リスクも覚悟が必要です。

リスク管理を万全にして、ベトナム投資信託、いかがですか?