投資信託とは? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

投資信託の仕組はこうだ

投資信託仕組を詳しく説明すると複雑になりますが、分かりやすくいうと、

「投資家から集めた資金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組の金融商品」です。

そして投資信託を円滑に運営するために、
・販売会社
・投資信託会社
・信託銀行
の3者が係る仕組になっています。

まず販売会社ですが、これは銀行、証券会社、生命保険会社、郵便局等です。

これらが投資家の窓口となり、投資信託を販売するだけでなく、分配金の支払い、解約等も行います。

次に投資信託会社ですが、ここは文字通り投資信託を作り、運用・設定する所です。

投資信託会社は運用会社とも呼ばれます。

最後に信託銀行ですが、ここで投資家から預かった資金を分別保管します。

これにより投資家の資金を保護する仕組になっています。

以上が投資信託の運営方法ですが、いずれが欠けても成り立たない仕組になっています。

投資信託とは?

投資信託は、多数の投資家(受益者)が投資信託会社(=資産運用会社)に資金を預け(信託)、投資信託会社がその信託された資金を株式や債券等の金融資産、あるいは不動産等に投資し、その運用で得た利益を投資家に分配する金融商品です。

運用で損失が出た場合は投資家が負担します。

各関係会社の役割は以下の通りです。

販売会社(投資信託会社、証券会社、銀行等)
投資家と投資信託をつなぐ窓口になります。
投資信託の購入や換金および分配金・償還金の支払い等は、各販売会社を通じて行われます。

投資信託会社(委託者)
投資信託を設定し、投資家から集めた資金(信託財産)を運用します。
投資信託会社は様々な観点からデータを収集・分析し、信託銀行に対して運用を指示します。

信託銀行(受託者)
投資家より預かった資産を保管・管理します。
信託銀行は投資信託会社からの運用の指図に従って、株式や債券等の売買や管理を行います。

また、自社の財産とは区別して、信託財産を保管(分別管理)します。