hsbcの投資信託とは? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

hsbcの投資信託とは?

香港上海銀行はイギリスの金融グループhsbcホールディングス傘下の銀行です。

香港に本店を置き、香港ドル発券銀行の一つです。

イギリスの植民地であった香港が1997年に中華人民共和国に返還される事に先駆け、
1991年にロンドンに金融持株会社であるhsbcホールディングスを設立し、イギリス法人となりました。

それに伴い、香港上海銀行は、同グループのアジア太平洋における中核子会社となりました。

また、関連会社hsbc投信等も営業を行っています。

hsbc投信鰍ヘ1985年に日本法人として設立されました。

1998年に投資信託業務の免許を取得して以来、投資信託委託会社として各種投資信託を設定し、販売会社である銀行、証券会社、生命保険会社を通じて投資信託を販売しています。

取扱っている投資信託は主にアクティブ型の投資信託です。

投資顧問会社としては、機関投資家に対する投資一任業務、投資アドバイス、また海外のhsbcグループ会社が運用する商品の手法の紹介も行っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9728564

この記事へのトラックバック