やっぱりあぶない投資信託? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

やっぱりあぶない投資信託?

やっぱりあぶない投資信託」というのは水沢溪氏が書いた投資信託についての書籍です。

確かに投資信託が全く何の問題もない金融商品であるとは言い切れません。

しかし、だからといってこの本「やっぱりあぶない投資信託」の言い分を鵜呑みにすべきでないと思います。

現在、日本で購入可能な投資信託は約3000本弱あります。

これをひと括りにして「やっぱりあぶない投資信託」というのは間違っています。

今後日本人は何らかの形で資産運用を行わねばなりません。

投資信託はその有効な手段の一つです。

にもかかわらず、この著者は元証券マンというプロであるのに無責任に「やっぱりあぶない投資信託」という題名だけ付けて、本当に良い投資信託は何かということを全く示していません。

投資信託は株式投資等と比べれば確かにコストはかかります。

しかしそれは投資家に代わって、プロが様々な調査を行ってくれている費用でもあります。

そういった事を何も示さず「やっぱりあぶない投資信託」などと言って、ただ不安だけを煽るのは不謹慎だと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9424410

この記事へのトラックバック