投資信託を郵便局でいかが? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

投資信託を郵便局でいかが?

郵便局の投資信託といっても、郵便局独自の金融商品ではなく、他の投資信託会社が設定・運用する商品を販売しているものです。

現在、郵便局で販売されている投資信託には以下のようなものがあります。

・「野村世界6資産分散投信」
・「野村資産設計ファンド」
・「大和ストックインデックス225ファンド」
・「GS日本株式インデックス・プラス」
・「住信日本株式SRIファンド」
・「日興五大陸株式ファンド」
・「日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)」
・「DIAM世界リートインデックスファンド」
・「フィデリティ・日本配当成長株投信」

以上9本の投資信託です。

郵便局で販売されている投資信託だけあって、インデックス型や債券に投資するものが多く、他の金融機関と一線を画しています。

ですが郵便局で販売されている投資信託だからといって、もちろん貯蓄商品ではなく元本保証ではありません。

2007年10月より民営化されましたが、ゆうちょ銀行の全店舗と投資信託取扱郵便局で取引を継続しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9141228

この記事へのトラックバック