投資信託の手数料について 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

投資信託の手数料について

投資信託は預貯金と違って手数料がかかります。

購入者に代わってプロが運用しているためです。

おもな手数料は以下の3つです。

1.販売手数料

投資家が投資信託を購入する時に直接負担する費用です。
一定の金額または、一定の割合で徴収されます。
徴収方式には買付価額から手数料を差引く方式や、投資信託の買付値段から別途手数料を負担する方式があります。

2.信託報酬

投資信託を保有している間、間接的に負担する費用です。
投資信託の運用資産から負債として日々一定の割合で控除されています。
信託報酬は投資信託の運営を行うにあたって、各関係会社が受取る報酬です。

3.信託財産留保額

この信託財産留保額は、直接投資信託の運用に対して負担する費用ではなく、投資家が投資信託を解約する際のペナルティーとして徴収される費用です。
投資信託の解約に対して運用会社は、株式や債券を売却する費用がかかります。
その分を解約者に負担してもらい、残存の投資家との公平性をはかることを目的としています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9000280

この記事へのトラックバック