郵貯の投資信託とは? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

郵貯の投資信託とは?

郵貯の投資信託と聞くと、郵便局がまるで投資信託を開発、販売しているようなイメージですが、それは間違いです。

郵貯銀行は平成19年の10月に郵便局が民営化した際に出来た銀行です。

現在、郵貯銀行で取り扱っている投資信託の中身はというと、
野村、大和、日興、ゴールドマンサックス、フィディリティ等の大手資産運用会社の投資信託を販売しています。

当初よりは投資信託の数も増えましたが、数としてはまだ少ないと思います。

また今まで郵貯といえば元本保証で安全でしたが、民営化された上に投資信託ですから、当然リスクがあり投資は全て自己責任です。

郵貯銀行の投資信託の売れ行きはおおむね好調で、郵貯銀行の貯金残高を考えると、投資信託会社にとってはさぞ魅力的な市場に見えることでしょう。

しかしながら郵貯銀行の投資信託は毎月分配型が人気のようです。

やはり郵貯銀行を利用するお客様は、初心者で安全性重視のように思われます。

購入の際は販売側の言葉を鵜呑みにせず、よく吟味した上で購入することをおすすめします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8830141

この記事へのトラックバック