投資信託ピクテとは? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

投資信託ピクテとは?

投資信託ピクテとはピクテ投信投資顧問株式会社のことで、ピクテは2世紀にわたる投資信託の運用実績により、グローバル分散投資のパイオニアとして世界中の投資家から厚い信頼を得ています。

ピクテは1805年にスイスのジュネーブでヨーロッパの富裕層に対する資産運用と保全サービスを提供するプライベートバンクとして誕生しました。

1900年にスイスから欧州株式に投資するミューチュアル・ファンド設定したことで投資信託業務が始まりました。

以来200年、ヨーロッパから世界中に資産運用とその管理に特化したサービスを提供している運用会社となりました。

ピクテは1980年に日本経済や株式市場の調査業務を目的として東京事務所を設置。
その後、1987年には投資顧問会社として登録、機関投資家のための運用業務を開始しました。
1997年には投資信託業務も開始。
その優れた投資成果から投資信託ばかりではなく、年金資金運用にも組み込まれています。

ピクテはヨーロッパでは200年、日本では18年の実績をもつ運用会社です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8735872

この記事へのトラックバック