投資信託の積立って何? 投資信託でだまされない為の選び方ガイド情報

投資信託の積立って何?

投資信託の積立というのは、いわゆる「ドルコスト平均法」の事を指しており、投資信託を定期的に、一定金額を買い付ける投資方法の事です。

価格が高い時は少しだけ、価格が安い時に多めに買うことになるので、より多くのリターンを期待できるとされています。

現在積立は、多くの証券会社、銀行等で取り扱っており、一万円から始められる所が多いです。

積立方法ですが、銀行の場合は当然その銀行の口座からの引き落としになります。

証券会社の場合は、その証券会社の証券口座からの引き落とし、もしくは指定の金融機関からの引き落としが出来るところも有ります。

手続きが完了すれば、毎月決まった金額で決まった日に、投資信託の買い付けが自動的に行われます。

この際、自動的に行われるため、投資しているという感覚があまりないかもしれません。

ただ投資信託によっては積立が不可のものもありますので、購入の際は積立可能な投資信託かどうかの確認が必要です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10592208

この記事へのトラックバック